おすすめの記事

日本を脅かす凶悪犯罪

最近、凶悪事件が多発しております。

また、特に殺人はよく聞きます。

動機はいろいろありますが、最近多いのは、「愉快犯」です。
愉快犯とは、人(社会)を恐慌におとしめて、その醜態や慌てふためく様子を陰から観察する・あるいは想像して喜ぶ行為を指します。その行為が法に抵触するか否か、するとすればどの法に抵触するかは、実行した行為によります。

スポンサーリンク

殺人を犯した場合には、弁解の余地は無いと言って良いでしょう。ただ、心神耗弱やらなんやらで、減刑される可能性があるのは厄介です。

政府としても何らかの対応が必要です。特に、愉快犯についてはその素質を持った人は、何らかの形で保護、矯正が必要です。野放しにしていれば、大変危険です。

また、プライバシーの観点から、個人情報を公開できません。犯罪を犯すのは悪いですが、本人も抑えきれない欲求を背負っているのです。

そういう意味では、異常であることを周りの人に知らせて注意を促し、監視することは、他人のためにも本人のためにも必要といえます。

人権や自由よりも、公共の福祉の方が大事です。政府には思い切った決断は必至です。

もはや、そんな人は僅かだからと侮れない状況です。

常軌を逸した犯罪は我々のすぐそこまで迫っていると考えるべきでしょう。

今後もこのような犯罪に注視していきたいです。

スポンサーリンク