おすすめの記事

花粉症 治療法と副作用

2019年3月17日

5E9AFFBA-46BF-49E6-9462-C523915F060D-thumbnail2.jpg花粉症に多くの日本人が悩んでいます。ある説では、2人に1人が花粉症の症状が出たことがあるといいます。また、その半数以上は毎年悩まされています。

今日は内服による治療法を紹介します。その他の治療法についてはこちらをどうぞhttps://www.mantiscentipede.work/category/26977610-1.html

薬の副作用、効き目の低下
花粉症のつらい症状には、くしゃみや涙、目がかゆいなどがあり、生活や仕事に支障をきたす場合もあります。そのため、何らかの対策が必要になります。花粉症の人の半数以上が薬を使った治療を行っているとのことです。一定の効果があり、保険が適用されることもあってよく使用されます。ただ、薬を使うと副作用や、効き目の低下が起こります。私の知り合いでも薬を飲んでいましたが、仕事に集中できなくなったり効き目が低下したため、今は免疫療法に移行しております。

健康食品やサプリメント
これらも意外と実績があるようです。やめると症状が出るという話もありますが、飲むだけで安定して改善するなら、なかなか良いと思います。花粉症においては、健康食品やサプリメントはそれなりに効くようです。
CALPISのL-92乳酸菌を最近よく聞きます。乳酸菌ですので、安全性は高そうです。
< sponsor link>



これから花粉の時期はまだまだ続きます。個々に合った治療法、対策を講じるべきです。
 私自身も治療法を研究していこうと思います。