おすすめの記事

Google+がサービス終了 個人情報に影響!?

​​​Google+ サービス終了 

12月10日、googleは、「Google+」サービス終了を4月に早めると発表しました。


GoogleのSNS「Google+」は、11月のアップデートで約5250万人の個人情報に影響する可能性のあるバグが含まれていたとし、個人向けサービスの終了時期を当初の2019年8月から4月に繰り上げると発表しました。

同社によると、この不具合は11月に導入されたアップデートが原因で、一部のユーザーの非公開プロフィール情報へアクセスできてしまう問題が発生していたとのことです。



この不具合は継続的に実施されている通常のテストプロセスで発見、混入から1週間以内に修正されたそうです。



そのため、第3者によるシステム侵入はなかったものの、修正までの6日間にアプリ開発者が意図せず非公開情報へアクセスできてしまっていた可能性は排除できません。





※尚、アクセス出来てしまっていた可能性のある情報は、Google+のプロフィールの名前、メアド、職業、性別、年齢です。Google全体における問題ではありません。あくまでも、Google+においてのみです。



調査をふまえGoogleアカウントの権限やサードパーティAPI運用を改善するとのことです。



また、Googleは2018年10月にGoogle+サービス終了を発表した際に、「サービスの利用が低調であるから」という理由とともに「最大で50万人のユーザーの非公開設定の個人情報が公開されるバグが見つかった」としていました。


なお、影響を受けた可能性のあるユーザーに対しては、Google側からその旨を通知するプロセスが進行中だとのことなので、通知が無い人はとりあえず大丈夫な模様です。


また、Google+ユーザーに対しては、データを安全にダウンロードして別のサービスに移行する機会を今後数カ月かけて提供するとのことです。


私も一応Google+を使っているので少し気になるところです。Googleアカウントを持っている方は念のため確認してみてください。



4月にサービスを終了するため、写真や動画などのデータの保存を急ぎましょう。


また、ブログ(特にblogger)を使っている方は、ソーシャルボタンのGoogle+(bloggerの場合、レイアウトの「+1 ボタン」、「Google+ フォロワー」、「Google+ バッジ」の各ウィジェット)が利用できなくなり、削除されることを頭に入れておきましょう。

 
また、bloggerのGoogle+ コメントはサポートされなくなるため、Google+コメントを使用しているブログについては、すべて Blogger コメントを使用する設定に戻ります。 Google+ コメントとして投稿されたコメントは、Blogger に移行されないため、今後ブログに表示されなくなります。