おすすめの記事

洋上風力発電

最近よく、洋上風力発電の話を聞きます。地球温暖化や原発事故の影響もあって、注目されるようになりました 

メリットは?
従来の風力発電は、安定した電力の供給が難しいです。陸地では、ずっと安定して風が吹いているわけではないですからね。
では、安定して強い風が吹いているところというと、「洋上」しかありませんね。海では、常に強い風が吹いています。そのため、大量の安定した電力の供給が行えます。
デメリットは?その対策は?
一番のデメリットは、設備の製造(長期間海風に曝されることを想定した機能)、設置にかかるコストが高いことです。また、洋上といっても、どこでも良いわけではありません。(必ずしもそうではないが)ある程度沖の、風の強いところである必要があります。大きな風車を海上に設置するためには、海底に固定するのが定番です。しかし、日本の海は少し沖に行くと、すぐに深くなってしまいます。そのため、海底で固定するのは困難を極めます。
その対策としては、洋上に発電施設を浮かべて、アンカーチェーンで固定する浮体式です。こうすれば、深い場所でも設置できますね。
日本は海に囲まれているため、洋上風力発電に向いています。また、風の強いところも多いので、より期待できます。原発が廃炉になっても、火力に頼らず、持続可能な日本であってほしいです。

スポンサーリンク