おすすめの記事

ニッポンヒゲナガハナバチ

2019年3月17日

7EADA199-54E6-4BE0-9D02-A44005845772-thumbnail2.jpg
この虫はミツバチではありません。ニッポンヒゲナガハナバチといいます。
素手で掴んでいますが、刺されることはありませんでした。何度も捕まえて、手で掴んだことがありますが、刺されたことはありません。
どうやらこの種は毒針を持たないようですが、念のため真似をするのはやめておくべきです。また、外見の似たニホンミツバチと間違えると刺されるので要注意です。
この虫の大きさはおよそ12mm程です。本州,四国,九州に生息します。

巣は地中に作るようですが、私はまだ見たことがありません。

春になると、本種や本種によく似たシロスジヒゲナガハナバチとともに、河原などでよく見かけます。一見ミツバチのようですが、ヒゲが長いので見分けがつきます。また、動きが速いことでも見分けることができます。

刺さない蜂って結構可愛いんですよね。毛がフワフワと、大きな目に、長い触覚、とても魅力的な春の虫取りにもってこいな虫です。

スポンサーリンク