おすすめの記事

白内障 緑内障 網膜剥離 特徴 違い

私の知り合いで、網膜剥離の手術をしたという人がいました。また、白内障や緑内障で病院に通っている人も聞いたことがあります。では、この3つの病気の違いって何なのでしょうか?違いや特徴、なりやすい人とそうでない人の差を紹介しましょう。

スポンサーリンク

style=”display:inline-block;width:320px;height:100px”
data-ad-client=”ca-pub-8956654165390690″
data-ad-slot=”2749086265″>

​​​白内障

白内障とは、紫外線曝露、水晶体が年齢とともに白く濁って視力が低下する病気です。

水晶体とは、目の中でカメラのレンズのようなはたらきをする組織で、外からの光を集めてピントを合わせるはたらきを持っています。

通常は透明な組織ですが、白内障では白く濁ってしまうため、集めた光がうまく眼底に届かなくなり、様々な症状が引き起こされます。

 主な症状としては、視界が全体的にかすんだり、視力が低下する、光をまぶしく感じる、暗いときと明るいときで見え方が違うなどです。  
留意点
白内障は、どんなに症状が進行しても手遅れということはない。

ただし、他の病気を併発する可能性もあるため、症状が気になったら眼科を受診すべき。

・軽度であれば、ピレノキシン製剤やグルタチオン製剤による点眼治療が基本。しかし、薬を使用しても水晶体が透明に戻るわけではない。

・症状が進行した場合は、「超音波乳化吸引術」を行う。この手術では、濁った水晶体を超音波で粉砕して取り除き、その代わりに人工水晶体である眼内レンズを挿入する。

スポンサーリンク

style=”display:inline-block;width:320px;height:100px”
data-ad-client=”ca-pub-8956654165390690″
data-ad-slot=”2749086265″>


​​​緑内障

緑内障は、緑内障とは、目から入ってきた情報を脳に伝達する視神経という器官に障害が起こり、視野(見える範囲)が狭くなる病気のことです。治療が遅れると失明に至ることもあります。
 症状は、少しずつ見える範囲が狭くなっていきます。しかし、その進行は非常にゆっくりで、両方の目の症状が同時に進行することは稀なので、病気がかなり進行するまで自覚症状はほとんどありません。

緑内障は中高年の方に起こる代表的な病気のひとつです。症状がない場合でも、定期的に眼科検診を受けることをおすすめします。


留意点

・一度障害を受けた視神経は元には戻らない。そのため、緑内障を完治させることはできない。 


・したがって、緑内障の治療は、視神経がダメージを受けてこれ以上視野が狭くならないように、眼圧を下げることが基本となる。

スポンサーリンク

style=”display:inline-block;width:320px;height:100px”
data-ad-client=”ca-pub-8956654165390690″
data-ad-slot=”2749086265″>

​​

​​​網膜剥離

網膜剥離とは、眼球の内側にある網膜という膜が剥がれて、視力が低下する病気です。

網膜とは、目の中に入ってきた光を刺激として受け取り、脳への視神経に伝達する組織で、カメラでいうとフィルムのはたらきをしています。

網膜の剥がれは痛みを伴わないため気付きにくいのですが、前兆として飛蚊症があらわれることがあります。また、網膜の中心部である黄斑部分まで剥がれた場合、急激に視力が低下し、失明に至る恐れもあります。蚊柱が見えるという症状も有名です。尚、蚊柱があらわれる頃には警告のサインなので、すぐに病院に行くべきです。
留意点
・網膜剥離は、加齢や糖尿病網膜症などの一部の病気、事故などによる頭部や眼球への物理的ショックが原因で引き起こされる。
網膜にできた裂け目を塞ぐ処置には「光凝固法」がある。瞳孔から網膜の穴にレーザーを照射し、焼き付けます。この処置をすると、裂け目の周囲の網膜とその下の組織がくっつくため、網膜が剥がれにくくなる。
すでに網膜剥離が認められる場合には、剥がれた網膜を元の位置に固定する必要がある。そのための手術には、「硝子体手術」や「強膜バックリング法」などがあり、網膜剥離の症状に応じて対応が異なる。    <santen.co.jpから一部引用> 
尚、日本の眼科医療は世界トップレベルから20年は遅れていると言われております。また、20代から始まる目の老化は40代でさらに進み、子供でも眼病の「要素」を持っていると言われています。                     
網膜剥離の場合、20代で発症する若年タイプの場合の原因は先天性素因や、アトピー体質が考えられる。また、高度近視も原因一つとも言われています。
これらの3つの病気でポイントとなるのは・紫外線を目に浴び過ぎている
・高度な近視である
・眼圧が高い
上記の3つです。これらに該当する人は注意しましょう。
逆にこれらを悪化させなければ、目の病気のリスクを軽減できます。

スポンサーリンク
style=”display:inline-block;width:336px;height:280px”
data-ad-client=”ca-pub-8956654165390690″
data-ad-slot=”3706851853″>