おすすめの記事

ブルーギルは旨い

2019年4月3日

ブラックバスの話をすることがありますが、実際食べたこと無いんですよ。釣った事はありますが、汚い池で釣った魚を食べようとは思いません😅

しかし、川で釣ったブルーギルは食べたことがあります。揚げたら、ハモのような香りがしてとても美味しかったです!

食べる際はすぐに血抜きして、内臓をとります。そうすると、身は全然臭くありません。というか多少血が身に移っても、そんなに臭いません。A2421736-18EE-447A-BB38-7FA7AF3A9479.pngこうなればもはや食材でしかないぜ!

和歌山の紀ノ川で釣ったブルーギルを料理しました。
 

ブルーギルを釣って捌いて食べる

餌はなんとバッタです。カワハギ釣り用の胴付き仕掛けを使いました。仕掛けを垂らすと、早速アタリが! アワセを入れると、ググっと良い引きです。サイズは、10センチから20センチ程です。釣れだすと、1時間程で20匹ぐらい釣れます。
 
釣ったブルーギルは生かしておいたあと、まとめて血抜きを行いました。このとき、内臓やエラも取っておくと良いです。
 
捌き方は、普通に三枚おろしにしました。とても捌きやすいです。三枚おろしの練習にはもってこいな魚です。
 
その後は、煮るなり焼くなり揚げるなり、お好みの調理法でどうぞ。ある程度綺麗な川であれば臭わないので、ニンニクなどで臭い消しする必要もあまりないです。
 
ブルーギルは色々と問題視されている魚ですが、とても美味しい魚ですので、皆様も気が向けば、是非挑戦してみてください!

日記

Posted by military