おすすめの記事

マイホームを少しでも安く買う方法は?

住宅を購入する上で重要なことは沢山あります。利便性、(駅、職場、学校などが近いこと、高速道路や幹線道路沿いで交通アクセスが良いことなど様々)、家の間取りや広さ、設備の設置やレイアウトの容易さ(エアコンの室外機を置く場所があるか、備え付けの設備の取り替え・改修など)、日当たり、土地や住宅の値段など多岐にわたります。

スポンサーリンク

その中でも、​値段はとても重要です。場所や広さ、間取りだけでなく、時期によっても値段は様々です。
その中でも特に、税金というのが厄介になってきます。高い買い物ですから、かなりの額がかさんできます。そのため、しっかりと対策をしたいものです。
家を買う上で増税というのは大きな痛手です。そして、消費税は2019年10月に消費税が現在の8パーセントから10パーセントに引き上げられる予定です。
​消費税増税
野田第2次改造内閣にて消費税増税を柱とする社会保障・税一体改革関連法案「社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための地方税法及び地方交付税法の一部を改正する法律(平成24年法律第68号)」が成立、施行日は一部の規定を除き2014年(平成26年)4月1日とされ、実際に5パーセントから8パーセントに引き上げられました。
消費税増税は確かに痛手です。高い買い物ですから、2パーセント上がるだけでもかなりの額です。
しかし、政府はそれを見越して、消費税増税後に減税を拡充する方針です。
尚、消費税のかかるものとかからないものがあります。

物件の価格(ただし土地については非課税※法人(課税業者)から購入する場合のみ課税される。個人間の取引は非課税)、土地の造成費用、建物の建築・リフォーム費用、家具や家電、その他諸費用は消費税が課税されます。

増税後か増税前か?
では、増税前か増税後かどちらが良いのか?
これは一概には言えませんが、減税の拡充を期待するのは微妙なところです。そもそもの、税収を増やすための消費税増税ですから、実際のところ得とは言い難いです。。また、消費の落ち込みを是正するための減税ですので、増税前より安くなるとは考えにくいです。そして、もちろん税率は人によっても違ってきます。そういう意味では、安くなる可能性もあります。
そのため、利用できる補助は目一杯受けましょう。そのためには、専門家に話を聞いたり、本やインターネットで徹底的に調べるようにしましょう。
多くの情報を照らし合わしせて、増税前が良いか増税後が良いか判断しましょう。


スポンサーリンク

有用な情報を紹介します。

​すまい給付金制度
『2014年の「5%→8%」への消費増税時、増税負担を軽減するために「すまい給付金」制度が新設された。一定の収入以下の人が住宅ローンを借りて家を買う場合(※)、収入に応じて最高30万円の給付が受けられる制度だ。当制度の給付額や収入の上限は、消費税10%増税以降は引き上げられる。このほか、家の購入や新築のために、親や祖父母から資金贈与を受ける場合の「贈与税の非課税枠(一般的な住宅の場合、現在700万円)」も、消費税10%増税に合わせて拡充される。

※購入年齢が50歳以上の場合は、住宅ローンを借りない場合でも受けられる』suumo.jpより

住宅ローン控除                                                                      

住宅ローン控除とは、住宅ローンを使って住宅を購入する場合に、購入者の金利負担の軽減を図るため、年末の住宅ローン残高に応じて所得税(住民税)から一定の税額を控除してもらえる制度です。

しかし、今のところ消費税が10%に上がっても、​さらなる拡充はされない見通しです。

変更されることもあるので、定期的に確認することも必要です。

​夢のマイホームへ                                 ​マイホームは皆さんが憧れると思います。多くの場合、一生に一度の大きな買い物となります。だからこそ、後々のことを考えれば、極力安く家を買いたいですね。

住宅に関するサイトは沢山あるので、それで調べてみると良いですよ。                      『HOME’S注文住宅カタログを徹底比較!』カタログが欲しい方、費用が知りたい方、ちょっと相談したい方必見!

スポンサーリンク

【SUUMO】戸建て探しをサポート | 日本最大級の不動産サイトSUUMO

スポンサーリンク

費用 比較 新築 | 近くの注文住宅会社を簡単検索 | town-life.jp
600社以上の優良住宅会社が対応。注文住宅の間取り・費用・見積りを無料で一括比較、費用見積もり一括比較できます。

スポンサーリンク

積水ハウス戸建ての公式サイト
積水ハウスの注文住宅で間取、 設備を自由に設計。信頼のハウスメーカーです。カタログ請求もできます。
これらのサイト以外にもたくさんのサイトがあるので、是非調べてみてください。