おすすめの記事

FX 外国為替証拠金取引

FXは最近よく聞くワードです。銀行預金の利子ではほとんど増えませんので、FXをする人が増えています。FXは正式には、外国為替証拠金取引といいます。

Wikipediaにも、「外国為替証拠金取引(がいこくかわせしょうこきんとりひき)とは、証拠金(保証金)を業者に預託し、主に差金決済による通貨の売買を行なう取引をいう。「FX」、「通貨証拠金取引」、「外国為替保証金取引」などともいう。FXはForeign eXchange=外国為替の略に由来している。海外ではForex (Foreign exchange) と呼ばれることが多い。」と書かれています。



DMM FXや、外為オンラインなどでFXを行うことができます。

手軽に行うことができる一方、もちろんリスクは皆無ではありません。それなりの知識が必要です。数時間で数万円稼ぐなどという話は、FXで成功したごく一部の人の話です。そんなに甘いものではありません。

​慣れればそれなりに稼げる事も

しかし、それなりにコツを掴めれば、安定して稼げるようになります。安定とは言っても大した額ではありません(私の場合)。本業がある人の場合は、ずっと確認しているわけにはいきませんが、日単位の取り引きであれば可能ですね。一方、分、時間単位の取り引きはリスクが大きいです。


まあ、最初は1〜10万程度が妥当でしょうか。慣れたら増やせばいいです。最初は損を出しても、ある程度慣れたら大きな損は避けられるようになります。だから、最初から稼ごうとは思わず、気長に!

​主なリスク

リスクをまとめました。

流動性リスク
外国為替は1日約300兆円取引されているが、短期間に大量の注文を出した際は、希望した金額で取引が成立しないリスクがある。又、経済指標の発表時や、要人の発表などによる流動性の低下により、相応にスプレッドが拡大することがある。

システムリスク
インターネットなどのシステムを通じて取引を行う際のリスクである。つまり、取引業者によっては、毎朝、スワップポイントをつけるタイミングで、メンテナンスを行う取引業者がある。そして、その際、その時間帯に、損切りの逆指値も自動ロスカットの処理も行わない取引業者がある。そのため、その時間帯に巨額の損失が発生する可能性がある。場合によっては、自動ロスカットが効かなかったため、追証となることもある。このような取引業者でデイトレード以外を行う場合は注意が必要である。取引業者のサーバダウン、回線のトラブル、停電等で思う様に取引ができないリスクがある。(Wikipediaより)

スポンサーリンク
style=”display:inline-block;width:320px;height:100px”
data-ad-client=”ca-pub-8956654165390690″
data-ad-slot=”2749086265″>


テロや事件、政治的な要因で大きな変動がある場合があります。
また、 業者の破綻での損害もあり得ます。信用できる会社でなければ、破綻した際にまともにお金が戻ってくることが期待できないので、業者選びは慎重に。

スポンサーリンク
style=”display:inline-block;width:336px;height:280px”
data-ad-client=”ca-pub-8956654165390690″
data-ad-slot=”3706851853″>